スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAEメモ

前も書いた気がしますが意外と知られてないんだなって機能が割とあったのと、新しく気づいた機能もあったので改めて。

動画にしようとも思いましたがいかんせん機能が多すぎて面倒だったので文章で。

(追記:17/05/16)edgファイル読み込みできるの気づいたんで追加しました。

目新しいものから順に

- アンドゥ(やり直し)数の設定

上のファイル(F)から設定を開き、Systemの項目のとこにアンドゥ数というのがあります。
そこを適当に9999なんかにしておけばほぼ起動時まで巻き戻れます。(設定画面にも書いてありますが要再起動)

- PNGファイルの読み込み

IFPNGというファイルを別途サイトから落としてきて、SAEのフォルダにいれます。(直下でOK)
設定を開きOptionの項目のsusieプラグインを使用するを有効にします。
https://gyazo.com/cb098d91cbcba5e7b2fc60b806c0a4b4
こんな感じのファイル構成
(当然ながら減色していないと色化けします)

- edg(EDGE)ファイルの読み込み

EDGE公式サイトからedgファイル対応のSusieプラグインを落とし、SAEが入っているフォルダに入れれば読み込めるようになる。
公式サイトにも書いてありますがレイヤーはすべて重なった状態で読み込まれます。

- キャラから別のキャラにファイルを移す

設定のOption項目からコピーにクリップボードを使うを有効にします。(要再起動)
そうするとキャラから別のキャラへのコピーが可能になります。
2重起動でコピーすると簡単。

- 50%~400%以外のズーム

0.5 x1 x2 ...のアイコンがある下のxxx%と書いてあるところを右クリックすると縮小、左クリックすると拡大します。
最小25%、最大1600%

- AngleDrawテスト

右下の黄色い四角が傾いてるアイコンをクリックしてオンにできます。
SFFの画面では変化はなく、Air画面の時のみ動作します。
オニオンスキンと併用することでドットをみながらAngleDrawの角度合わせができます。
https://gyazo.com/1e60392c3ecfcc6576dac3053ff0db71
上から角度、横縮尺、縦縮尺。

- ASDスライダ

AngleDrawテストの隣のアイコンをクリックしてオンにできます。
オンにした状態でAirのASD設定欄をクリックするとスライダが出てきます
https://gyazo.com/4bc34ffa47a7faaa87bd86cdd704f35e
半透明にチェックを入れると必ずAS+Dが256になるようにスライダが動きます。(エフェクトには不向き)
ちなみにASは下げると黒く、Dは上げると透明になります。
ASDスライダの隣のアイコンのエフェクトシュミレーターをクリックし、オンにすることでプレビューできるので活用しましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Glacies

Author:Glacies
する人が居るかは分かりませんがリンクなどはご自由にどうぞ。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。